先日、ある用事があったので実家に帰省をしました。
1年ぶりの帰省だったので、気分も大いにリラックスが出来ました。そして、久しぶりに自分が学生時代に使っていた、書斎に入りくつろいだり本を読んだりしました。そこで、私が久々に目にしたのは、子供時代に使っていたおもちゃ類です。

それが私の机の上にいっぱい置かれており、子ども時代の思い出が蘇りました。後で知ったのですが、それは両親が私の部屋を片付けたときに出てきた、おもちゃ類だったようです。その中でも、真っ先に私の目に入ってきたのが、アメリカのトレーラーのミニカーです。このトレーラーのミニカーは小学生時代に友達からもらったものです。ちゃんと、トラックが荷車をけん引しているもので、デザインもアメリカンです。

その友達が家族でアメリカ旅行をした時の、お土産としてもらったものです。それを見ると、その友達と遊んだ記憶や、一緒にサッカークラブで頑張った記憶などが思い出されました。他にも、机の上には自分のお小遣いで買ったトミカの消防車や、お菓子のおまけの車などもありました。私はこのように、ミニカーを見るといろいろな楽しい思い出が、次から次へと思い出されます。

また、幼稚園から小学校の低学年まで遊んでいたトミカのミニカーが1箱分、台数で100台ほど出て来ました。

それも、外の砂場などで遊んだりしていたので、もとより箱もありませんし、結構さびなども出ていました。それで捨ててしまうことも考えたのですが、それももったいないので、時間つぶしにオークションに出してみることにしました。

その前提として、オークションサイトでいろいろと調べてみると、トミカは今でも集めている人がいるらしく、私の持っている初期の、それこそ連番が一桁のものなどは結構高値で売れていました。その中でも特に驚いたのが、一時期、メーカーのトミーが香港の工場に生産を委託して作らせていたいくつかのトミカ(裏に、made in HongKong、と書いてあります)が、「香港トミカ」として非常に高く売買されていて、そして私の100台のトミカの中にも、その香港トミカが10台ほど含まれていたことです。

それで1台1台写真を撮って、オークションに出品すると、どれも驚くような高値がついて(香港トミカは1番高いもので、10万円近くつきました)、100台総額で、ちょっとした高級輸入時計が買えるくらいの臨時収入になりました。

トミカの人気は今でもすごいんだなと驚いた次第です。

<特別サポート>
お家の見直ししま専科|ページランク|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|ダイエットジムフランチャイズ|内職|生命保険の選び方|住宅リフォーム総合情報|ライブチャット|FXシストレ|貯蓄|